Dream Fighter

Dream Fighter

そういえば今になって思えば、子供の頃なりたいものや夢がなかった。

保育園の誕生日か何かのカードで将来なりたいものの欄があり、悲しいかなそこに「かいしゃいん」と書いた覚えがある。これは父親が職人だったから普通の会社員に憧れていたのだと思うが、スポーツ選手とか運転手とかでないのは夢のない子供だよな~と思う。

今ではその会社員が嫌になって辞めたわけだが、逆に何か手に職があれば良かったなと思う。自分のやっていたプログラマという職業も会社には属しているがある種一匹狼の職人みたいなものだ。しかし会社員は会社員なのでやはり無茶な要求も聞かないといけないし自分が良かれと思う様には出来ない。

よくいい歳をして夢を追いかけて将来どうするのとか言う事があるが、大人になってもなりたい職業や夢があるのはとても幸せな事だ。自分は特にこれといったものがなかったが、若い時に自分のやりたい事、打ち込める事を見つけられれば、それで人生が楽しくなる。悪い事以外なら、何でも良いではないか。

人様に言われてやりたい事を諦める必要はないし、金がなくてもバイトでも何でもすれば飯位は食べられる。何となく良い学校や会社を目指し、特に楽しくもない仕事を毎日する事に何か意味があるのか。結局は人生に意味なんてないのだろう。失敗しても何も問題は無いし、何かを残す必要もない。やりたいことを楽しもう。いつか見た夢を追っかけよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ