時間をワープ

そういえば働いていた頃は、月-金を時間的にワープしてすぐに土曜日になってくれて構わないと思っていました。

たとえ人生の時間が七分の二に短縮されたとしても、仕事をしている状態を味わいたくなかったということですよね。

若い頃、月曜から金曜までの自分は自分じゃない、自分を殺してとりあえず会社に行って席に座るんだ。そうすれば給料が入ってきて生活できると思うようにしていました。

別に虐げられてたわけじゃなく、それなりに役も付けられ給料も結構もらえて自分の意見だってある程度は通る立場でした。でもそんなことは関係なかった。

みんな雑談してそんなに何が楽しいのか。もちろん自分だって雑談はするんだけど、本当はそんな暇があれば早く仕事を終わらせて家に帰りたいんだ。

昔からどれだけ会社が嫌いだったんだか…

浪人した時だって、働くのを一年遅らせられるくらいに考えていましたよ。一年分の収入が減って残念なんて夢にも思ったことはありません。

正直いって、早く定年になればいい、60歳までワープして大手を振って働かなくてもいいようになりたいとずっと思っていました。その間の人生は消えていいとさえ思いました。

何でそんなに会社が嫌なんでしょうね。自分でも呆れますよ。

ワープ

いや、そこを我慢して仕事するのが大人でしょといわれればそうなのですが、会社で楽しそうな人達も多いし、定年過ぎても働きたいという人も結構いるらしいし、やっぱり自分は何かが異常で病んでいるのかと考えてしまいます。こと仕事に関しては。

若い頃は早期リタイアってのは考えなかったですけどね。絶対に定年までは働かなければいけないんだと思い込んでいました。お金が貯まれば仕事をしなくてもいいって単純なことがなぜ思い浮かばなかったのか…

まあ頭が固かったんですね。いたって普通の思考をするタイプだし。突然切れたんですよ。切れる中年です。そして資金不足のまま時間を飛び越え自発的に定年に達したわけです。

そう、俺は時間をワープできる男だったのだ。(ウ、苦しい結末…。ワープって空間を飛び越えることだから時間には使わないんですかね)

いっそ、あの世までワープしろよとかそういうコメントは送らないで下さい。凹みやすいガラスのハートの俺なのだから。

気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『時間をワープ』へのコメント

  1. 名前:とんきち 投稿日:2015/05/14(木) 17:01:59 ID:94c7886c8

    私も在職中は退勤時刻がはやく来ないかと何度も時計を見てましたが時計が壊れているんじゃないかと思うくらい時間の経過が遅く感じられました。今では時間の経過が早くメイドさんがいれば自由時間がふえるんじゃないかと思う毎日です。
    住居にムカデはでませんが、夏は菊屋の蚊帳を使っています。蚊帳に扇風機それでも暑ければ凍らせたペットボトルにタオルを巻いて添い寝してもらってます。
    私もペットが昇天したら夏季限定で北海道の家具付きワンルームに住んでみたいと思ってます。自炊派なので産直市場があり新鮮で品揃え豊富なスーパーが近所にあればいいなと。博多も住んでみたいのですが住居の保証人問題と黄砂がネックになるかなと。
    移住生活楽しそうでなによりです。福岡だとおいしいものがたくさんありそうなのでコレ食べとけみたいなものがあればそのうち紹介してもらえればと思います。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/05/14(木) 19:49:27 ID:87f1c5dcc

      >とんきちさん
      仕事の件は変なことを書いてしまいました。辛い思いをしている人は沢山いるんですよね。
      蚊帳を使ってるんですね。私も使おうかな~。実家は蚊も入ってくるので、昨年は電子蚊取り線香を導入したのですがムカデはやっぱり心配です。
      札幌なら家具付きワンルームが多くあるようで、3,4万であるようだから借りてみたいです。博多はそんなに食べ歩きも出来ないので今のところ「ごまさば」です。風習が違うこともありますよ。焼き鳥屋に行くとキャベツが出てきて、焼いた串はそこに乗せてくれるとか。

  2. 名前:ひろし 投稿日:2015/05/14(木) 18:32:49 ID:1160e71bd

    自分も同じようなことを考えていました。60歳まで働き続けることが当たり前で、自分もそうするんだと思っていました。楽しくは無いが、お金を稼ぐためには仕方が無い事だと。まあ普通に誰でも考えていることでしょうけど。しかし会社の経営に関して色々あって、行く末を考えてしまうことが多く発生してからは、経営陣のバカな采配に対して、頑張っていることがバカバカしく思うようになってからは、ネットの求人サイトに登録して、しばらくは転職先を探していました。しかし中々良い会社も見つからず、しばらくは我慢して在職していましたが、ふと自分の現金資産で何とかならないかな?と思うようになって、ネットで検索していたら、アーリーリタイヤと言うものを知り、このブログ村を知りました。世の中にはこのような生活をしている人もいるのだなぁと、感慨深いものを感じて、私も飛び込んでしまいました(笑)
    本当は辞めるに至るまでの嫌なことも無く、定年まで働き続けることが出来たら一番良い事かもしれないですね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/05/14(木) 19:49:58 ID:87f1c5dcc

      >ひろしさん
      そうですね、せっかく良かれと思って色々と頑張っているのに、それを否定されるとやる気が削がれますね。理由が納得できないので。そういうのが貯まり溜まって、言われたことしかやらない社員が出来てしまうのだと思います。
      資金的に余裕があるのでなければ定年まで働けたらそれがいいと思います。余裕がある人は辞めても全然問題ないと思いますが。

  3. 名前:アーベル 投稿日:2015/05/16(土) 03:18:10 ID:a528fcd37

    こんにちは。
    若い人は仕事が嫌だと言いながらせっせと会社に行くんですよね。やはりお金が欲しいということもあるでしょうが、仕事をやることにより自身の成長を実感できるからではないでしょうか。面白くもなく大変な仕事でもやっていれば給与も上がるし、周囲の評価も上がります。でも40を越えると自分の伸び代を感じられなくなります。給与は大概上がりきってるしもっと上げるには管理職になりマネジメントに踏み込んでいかなければならない。会社の主要な業務をこなしたとしてもできて当たり前となります。管理職になれない奴はいらないと。こうなると会社にいるのが苦痛になってきます。

    かつては管理職になれない現場の窓際でも定年まで勤め上げればそれなりに給与はもらえました。でも今の日本はそれが許されない会社が増えているようですね。セミリタイアしてる人も会社の仕事の主流から遠ざかって居づらくなった人がかなりいるのではないでしょうか。

    そういう人の選択肢は、転職、退職、あくまで会社にしがみつくといったところでしょうか。自分の場合すでに仕事は惰性モードです。そんな調子で仕事が回っているんだから仕事のストレスなんですが多分他の会社と比べてかなり少ないと思います。
    会社が会社だったらこんな社員はリストラしにかかるんでしょう。でも労働基準法や社員規定を調べてた結果、仕事ができないというだけではクビできないということがわかりました。50近くで惰性でなんとなくやっていける会社にいれたというのは結構幸せなことなんだろうなと思います。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/05/16(土) 08:26:36 ID:6c93d2d7e

      >アーベルさん
      そうですよね。若い頃って当然リタイアできる資金が貯まってないこともあるんですが、まだ昇給が望めたり仕事も変化があったりで、何とかやっていけたのでしょうね。私もまだ会社の人と遊びに行ったりしてましたよ。

      窓際族って辛いとかいってましたが、座ってるだけで給料もらえていいじゃんと思ってました。まあ会社ですることがないってのもよほど図々しい人じゃなければ、様々なストレスを感じて辛いのだと思います。私が勤めた会社は元々小さいのでそういう余裕はなく、その前の会社を併せて三人は辞めさせられた人がいましたよ。裁判等で争うことは可能なんでしょうけど、そこまでして残る程でもないということでしょうね。少し退職金を上乗せするという解決法だったようです。

      効率ばかりで世の中が余裕がなくなって、いい面もあるし辛くなる面もありますね。効率的なのは悪い事じゃないけど、働き方が古いままだったりして過渡期なのかもと思います。

      アーベルさんの会社は半セミリタイアみたいな働き方が可能なようなので、なるべくその制度を利用した方が良いような気がします。少し世の中に関わっていた方がいい気がしますし、バイトをするくらいなら慣れた所の方がよさそうですし。