無人島に持っていくもの三つ

こんばんは。よくあるお題を出すものです。なんか撃墜とか世の中がやばい。暗いニュースが流れる時こそ、こういう脳天気な話題が必要だ。

あ~ちゃんが「あ~ちゃんのただただラジオがスキじゃけん」というラジオ番組を四国限定で一人でやっています。そこにゲストとして、ついにゆかちゃんとのっちが揃って3人で放送したのですが、あ~ちゃんがゲストに恒例で聞いている質問、「無人島に三つまで持って行けるとして何を持って行くか」を、二人が答えていたのが面白かったので書いてみます。

いや~、三人揃うとやはり安心感があるわw。その回の放送はこちら

かしゆか
「パラソル」 森の中は虫とかいるので浜辺で日陰を作りたい。支柱の部分が武器や魚をつく銛になるかも
「デニムのズボン」 森に入った時に脚を守るため。草などにあたって痛いと気力が削がれてしまう
「鍋」 煮る焼くなど調理に使える

のっち
「鍋」 調理に加え海水から水を作る
「サバイバル本」 火のおこし方から家や船の作り方、野草の見分け方など万能
「ナイフ」 シャキーンと出るジャックナイフ的なもの。魚や肉をさばく

そうですね~、自分だったら何を持っていくかな~。難しいですね。ドラえもんってのは無しです。

やっぱりナイフですかね。枝を削って釣り竿にするとか、動物に襲われた時に戦う為とか…もう普通の発想です。あとは火をおこしたいのですがライターといっても燃料がなくなれば使えないのですよね。着火用には虫眼鏡ってのが良いかもしれません。(南国前提かよ)でも火は自力でおこせるかもしれないし、一度おこしたら絶やさないようにすればいいですよね。

水を溜めておく用にビニールシートとか…そう考えると鍋って水も溜められるし万能かも。海水から塩とか作れるし。寝る時のために毛布とか寝袋があればいいけどなあ。犬ってのも考えられます。獲物を捕ってきてくれるかもしれないし自分以外に仲間がいれば心強いです。

うーん、真面目に考えると、ナイフ、鍋、犬。(猫だとあいつら自分だけ助かりそうw)

昔読んだ、さいとうたかをの「サバイバル」ってマンガで、火をおこせず魚を生で食べたからビタミンが補給できたって書いてあったのを覚えてるのですが、焼かない方が良いんですかね。もちろんマンガでもあたってお腹は下してましたけど。寄生虫関係とか、無人島でそんな事は言ってられないのか。

今はKindleで読めるんですね。とにかく面白い!

サバイバル 文庫 全10巻+ 外伝 完結セット (リイド文庫)

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『無人島に持っていくもの三つ』へのコメント

  1. 名前:バッタモン 投稿日:2014/07/18(金) 15:03:48 ID:119fd4ed4

    サバイバル、あの漫画今から40年ぐらい前でしょうか?
    懐かしいです、全部読みました。
    私がもし3つ選べるとしたら家と一生分の食糧と酒でしょうかね。
    生き残るだけの生活しかできないようなら無人島にはいきません。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/18(金) 17:20:15 ID:e066d5351

      >バッタモンさん
      サバイバル懐かしいですね。子どもの頃読んだんですが、10年くらい前かな、再度読み直しました。

  2. 名前:招き猫の右手 投稿日:2014/07/18(金) 23:58:19 ID:273c1a8dd

    サバイバルは僕も読んだことあります。
    ボウガンとか野生で生きる知恵が詰まってましたね、実用できるかどうかは別として。
    ヘビを飼うとねずみ害から守ることができるってのを覚えています、だから農耕文化ではヘビが神様の使いのような扱いが多いとか。
    でも、やはりナイフでしょうね、サバイバルナイフ、ランボーもびっくりなのを持っていくべきでしょう。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/07/19(土) 08:07:24 ID:caed0c69b

      >招き猫の右手さん
      サバイバルは結構皆さん読んでますね。ヘビの話は覚えてませんがなるほどです。
      ランボーもびっくりなナイフを扱えるかどうかw