筒井康隆を読み返す

王様のブランチのブックランキングで、私の好きな筒井康隆が一位になっていました。

学生時代によく読んでいた筒井さんのエロ・グロ・ドタバタ・スラップスティック・パロディ作品を読み直してみたいと思っています。でも実家に戻ってくる時に部屋に置けないので物置の奥に詰め込んでしまい、出すのが凄く面倒なんです。

後年は作品が実験的で難しくなっちゃって読んでいないんですが、学生の頃に読んでいたのは本当に面白かった。電車の中で小説を読み涙を流し声を抑えて笑ってしまった経験は他には覚えが無いんですね。

池袋西部の本屋に新しい文庫本は出てないかよく探しに行ったものです。そしていつか暇になったら読み返そうと、筒井さんの本は処分しなかったんです。

あれから数十年経って、そのタイミングが来ました。今読んだらどういう感想になるんだろうかと思うんですよ。多分文庫本で100冊位はあると思うけど、Kindleとかになっているのは少なくて、やはり変色した古い本を引っ張り出さないといけないですね。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『筒井康隆を読み返す』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2014/03/22(土) 20:42:29 ID:589fc6ab0

    テレビ譫妄症?だったかな高校生時分読んで衝撃受けました
    走る取的とか不条理系も好きでしたというか若くて男前の頃の
    筒井さんの小説はみんな好きです

  2. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/03/22(土) 23:27:39 ID:589fc6ab0

    >名無しさん
    48億の妄想ですかね。
    結構昔のことだから、やはり仕舞い込んでいるのですね。
    引っ越し前にぱらっとみたら字が小さくて読めないかもと思いました。