Not SecureなAP、CG-Guestが見えてます

iPadのスイッチを入れたら、自分のWiFiルータの電源は入れてないのに何故かネットに繋がります。設定を見たらCG-GuestというSSIDでセキュリティがかかってないアクセスポイント(AP)に知らないうちに切り替わっていて、そのAPを使ってました。自動で切り替わっていたので以前何かの時に使ってしまった事があるのでしょう。

集合住宅なので他の家の電波も10個近く検出しているのですが、暗号化されていないのはこれだけです。何なのでしょう。怪しいです。

Google先生に聞いてみました。coregaの無線LAN親機のセカンドSSIDらしいです。マルチAP機能があり、ファーストSSIDはWPAとかで暗号化して、セカンドSSID「CG-Guest」はゲーム機用(DS等は古い暗号方式なのでより強固に暗号化されているAPに接続できない)とかで暗号なしになってたりするそうです。ネットで「CG-Guest」はその手の人には周知の事実らしいです。ゲーム機あるけどやらないしネットワーク系に疎いから知らなかった…

近所にcoregaの機器を使っている家庭があるのでしょう。電波も強いです。知っていて放置しているのか、気づかずOFFにしないまま使っているのか、それともただ乗りする奴のパスワードを抜こうと狙っているのか。何にせよ用心した方が良さそうです。

まあ多分マルチAP機能を知らないで放置しているか、お子さんのいる家庭で任天堂DSとかPSP用に使っているんでしょうけどね。