1995年

1995年

歌番組とかでこれは95年のヒット曲だとか年代が出る場合があります。

自分の場合、年代をWindowsの変遷と重ねる事がよくあり、95年と言うとWindows 95が発売され一般人でもインターネットに繋ぎやすくなった年だと毎回考えてしまいます。(LinuxとかMacの人もそれぞれあるんでしょうね)

Windowsは3.1の頃からプログラムをしていましたが、3.1でネットに繋ぐにはTrumpet Winsockとか入れねばならず、また繋いでも今の様に情報があるわけでもなかったので、まだパソコン通信の時代、Nifty-Serveのフォーラムで質問をしたりする時代でした。

そして95が発売されましたが、まだGoogleもなく、Yahooも検索でなくカテゴリーで分類するディレクトリ型でした。Webサービスなど何も無い様な状態でネットの可能性も自分にはよく分かりませんでした。

この様にせっかくインターネットの黎明期に立ち会って、ましてプログラムも組めたのに、今となっては何かアイデアがあれば儲ける事が出来たんじゃないかなとか、そういうことを考えてしまいますね。ちょうどその頃1年間失業していて時間もあったし、PCも持っていたのにHTMLで何かやってみれば良かったなあとか。

全くのサラリーマンで会社で働く以外にお金が入ってくるなんて思いもしなかったので、もっと早く色々なことを知っておきたかったです。

でもアイデア次第で稼げたかも…については、同じ事思ってる人多そうだな。結局何もしなかったんだよな~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村  リタイア日記 ブログランキングへ