「境遇」を観た結果(HDDの肥やし消化シリーズ)

湊かなえ原作の「境遇」、原作は読んでいませんが、ハードディスクレコーダーにテレビドラマ版が収録されていたので観賞。(ていうか自分で録ったんだろうがかなり前なので記憶にない)

その結果、松本市が出まくりでした。

あがたの森、薄川、女鳥羽川、中町、縄手通りなど。良い季節に撮影したようで、かなり緑が綺麗に写っていました。実際の松本よりも美しく映像になっているので、興味のある方はDVDで観ていただければと思います。

地元を離れ遠くにいる時に見ると懐かしいですね。内容はPC見ながらのながら見をしてしまったからかもしれませんが、あまり面白くはなかった~。というか面白くなかったからPCを見てしまったのでしょう。

湊かなえさんの本は「告白」「少女」「贖罪」と読んだんだけど、最初は衝撃的で面白かったんですが、食傷気味というかパターン化してきたような気がして、以降読まずにいるんですよね。

新作はどんどん出ていて、一時期までは「往復書簡」や「夜行観覧車」など文庫になったものを買ってはいたんですが、これも積ん読していて…徐々に消化中ですな~。

気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280