世界で二人しか話すことができない言語

msnニュースに載っていたのですが、メキシコの言語「アヤパネコ語」というのが、現在世界で二人しか話せない言語なので消滅の危機にあるそうです。

しかも、この二人はご近所さんなんだけど仲が悪いとの事で、会話しないんだってさ。何だかなあ。

↓気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『世界で二人しか話すことができない言語』へのコメント

  1. 名前:正吉 投稿日:2014/03/01(土) 00:22:56 ID:589fc6ab0

    わはは。おもしろいです。

  2. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/03/01(土) 08:04:53 ID:589fc6ab0

    >正吉さん
    学者が言語を保存するのに会話を録音とかしたいんだけど
    顔を合わせたくないので協力してくれないんですって。

  3. 名前:sm 投稿日:2014/03/01(土) 08:26:44 ID:589fc6ab0

    マジですか?
    年金は、収入0なら
    0でいいの?
    政府が65まで、払わせるなんて
    ほざいてるから
    やっぱり、国保は払うの

  4. 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/03/01(土) 09:46:24 ID:589fc6ab0

    >smさん
    年金は1/2免除とか全額免除とか、申請すれば収入によっては免除になります。
    (翌月から免除とかでなくて、次の期間の1年間が免除とかそういう感じらしい。)
    職を失った時はすぐ申請できて、
    厚生年金から国民年金に切り替える手続きに役所に行ったら免除の申請用紙をもらえました。
    将来もらえる金額は、1/2の金額を納めたとかそういう体で計算してくれるみたい。
    *何も言わず払わないのは納めていない事になるので申請はするべき。
    国保は均等割とかいうのがあって数千円は払うみたいです。
    でも市町村によって基準は違うけど
    申請すれば減免してくれる制度はあるとの事です。
    こっちは相談してみてって事ですね。
    今のところ資産の有無とかは関係ないんじゃないかなあ。