カテゴリー:どうでもいい話

7/7ページ

東京の店は一人でも入りやすい

田舎は飲食店に入るのに家族やカップルが基本だからテーブルが大きくて4人掛けが多いです。カウンターもなかったりして一人では入りにくいです。すき屋とかモスでもカウンターはあるもののテーブルはそういう感じですからね。 今回久しぶりに東京へ行って来たのですが、テーブルが一人サイズで椅子が向かい合わせとか、一人もしくはカップルが基本になっている気がしました。モスとかカフェに入ってみたのですが、お客も一人で入ってくる人が多いです。 洒落た店はどうな […]

どうでもいい話2

ここの所、健康的なぶっとい一本のうんちが出ます。(下品でゴメンね) どかーんと一本で出ると写真に撮って記念に残したいほどです。(もちろん掲載は控えますよ。というか写真は撮ってないですよ) 自分は結構お腹がゆるい方で、午前中に何度も大きい方に行ったりするのですが、これを飲む様になってからかなり調子がいい気がします。 ミヤリサン。私のような軟便でもいいし、便秘の方も良いらしいです。 ミヤリサン 錠 630錠 posted with カエレバ […]

プログラマの物騒な話

自分は慣れているのでそれ程とも思わないのですが、結婚していた頃、嫁に話したら不謹慎だと嫌な顔をされたプログラマあるあるです。 プログラムを作る時、現在動いているプログラム(アプリ、モジュール)から別のプログラムを起動したりします。プログラムが動作する単位をプロセスと言うのですが、元を親プロセス、起動された側を子プロセスと言ったりします。 このプロセスを終了させる場合、我々は慣習でしばしば「プロセスを殺す」と表現するのです。(終了させるの […]

1995年

歌番組とかでこれは95年のヒット曲だとか年代が出る場合があります。 自分の場合、年代をWindowsの変遷と重ねる事がよくあり、95年と言うとWindows 95が発売され一般人でもインターネットに繋ぎやすくなった年だと毎回考えてしまいます。(LinuxとかMacの人もそれぞれあるんでしょうね) Windowsは3.1の頃からプログラムをしていましたが、3.1でネットに繋ぐにはTrumpet Winsockとか入れねばならず、また繋いで […]

マスカラ~つけてますから

5年ほど前Perfumeのパンパカパーティというラジオ番組で、番組のシメに繰り出された、のっち師匠のオチのないダジャレ。今ではすっかり大人な三人ですが昔は… YouTubeで聞くとがっくしと腰が抜ける感が楽しいので紹介したかったのです。 貼ると著作権的にあれかな。 布団が吹っ飛んだ マスカラ~つけてますから ハムスターがハムすった フック船長実は副船長 北京のご飯は完璧ん サボテンが何サボってんだ 野口英世の愚痴ひでえ 先日 […]

マンションて言うのに抵抗がある

マンションて言うのに抵抗があり、少し恥ずかしいです。自分はアパートと言う事も多いです。 マンションて本来は豪邸とか大邸宅っていう意味で、集合住宅のことを言うならRC造でもアパートメントですよね。不動産屋がイメージ戦略のために使ったのでしょうけど、日本はこういう本来の意味と異なる和製カタカナ語が多いです。 あとおしゃれ感を出すために言葉を変えていく事もあります。スパゲティをパスタとか、ジーパンをデニムとか、チョッキをベストとか、最近ではジ […]

どうでもいい話1

ベッド周りを掃除をしているとたまーに気づくのですが、寝てる間に鼻をほじっているらしく、ベッドの頭の後ろ部分や枕の左右などに、乾燥したぺらぺらになった鼻くそっぽいものが落ちていることがあります。 知らないうちに鼻をほじって、鼻くそを捨てているなんて…恐怖! *これはどうでもいい話じゃないです。コメントを下さる方へ、個別にお礼は申しませんが、励みになります。ありがとうございます。 にほんブログ村 リタイア日記 ブログランキングへ

1 7