書籍 一覧

きよしこ

きよしこ

実家に置いてある重松清の本なんだけど、以前読んだ時、読み始めて早々に涙が溢れたんですよ。 きよしこ (新潮文庫)posted with ヨメレバ重松 清 ...

記事を読む

「20歳のときに知っておきたかったこと」

「20歳のときに知っておきたかったこと」

以前話題になって積ん読しておいた本。 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義posted with ヨメレバティナ・シーリグ C...

記事を読む

週末バンコクでちょっと脱力

週末バンコクでちょっと脱力

記事タイトルですが、週末に海外に行って来たという報告ではなく、先日読んだ本のタイトルです。 週末バンコクでちょっと脱力 (朝日文庫)posted with...

記事を読む

信念で「稼がない男。」と、それを彼氏に持つフリーライターの話

信念で「稼がない男。」と、それを彼氏に持つフリーライターの話

以前より気になっていた「稼がない男。」という本を手に入れ読みました。 これは西園寺マキエという女性フリーライターの書いた本です。30歳を過ぎて元同...

記事を読む

人間好きの方が人間嫌いになる

人間好きの方が人間嫌いになる

「人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ」という本ですが、これにはセミリタイアに近いというか、その一歩手前、人生を半分降りる、半隠遁するということについて書...

記事を読む

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

これから読もうって人は、ネタバレしてるから読まない方がいいです。 イニシエーション・ラブ (文春文庫)posted with ヨメレバ乾 くるみ 文藝...

記事を読む

医師の報酬

医師の報酬

「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略」というかなり前に流行った本をちらっと読み始めたのですが、本当に最初の最初にこんなことが書いてありました。(まだ12%し...

記事を読む

「幸福」とは、結局は自分の考え方次第

「幸福」とは、結局は自分の考え方次第

以前どなたかのブログでショーペンハウアーの幸福論を読んだ方がいいよと書かれていました。そういえば「幸福について -人生論-」という文庫本を働いていた時に買って積...

記事を読む

「一九八四年(1984年新訳版)」ジョージ・オーウェルの感想

「一九八四年(1984年新訳版)」ジョージ・オーウェルの感想

1949年に発表された作品で、かなり前にこれが書かれたという洞察力に驚きます。何かすごい物を読んでしまったと感じてトマス・ピンチョンの解説を読んだらこれがあまり...

記事を読む

本が読めなくなる恐怖

本が読めなくなる恐怖

本というかネットでもそうですが、年のせいか目が疲れてしょっちゅう休憩しないと読めない時があります。 まだ調子がいい時はどんどん読めるのですが、疲れる時はす...

記事を読む

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
1 2 3 4 5 6 7 8