ブックオフで100円のハードカバーを買ったが

BookOffで小暮写眞館(宮部みゆき)と、以前王様のブランチで紹介されて気になっていたホテルローヤル(桜木紫乃)のハードカバーが100円だったので、つい買ってしまった。

うーん、家に置いておきたいなら買ってもいいのだけれど、読むだけと考えるとこれは図書館で借りれば0円なのでお金は全く使わずに済みます。

田舎だとBookOffで小説のハードカバーを売っていても半額という金額設定が多くて割高に感じます。そもそも店舗も小さいので100円本があってもあまり食指を動かされるものが無かったりします。

なので自分が以前から気になっていた本が安価で出ているのを見かけると、掘り出し物を発見した時の様な感覚でつい購入してしまうのでしょうね。

こちらではTSUTAYAでも、ちょっと前に流行った経済や自己啓発みたいな書籍が200円とかで売られていて、田舎と価格があまりにも違うのでつい買いそうになります。「地域による情報の価格の差」ということでしょうね。

もちろん今では田舎でもネットで1円の中古本(送料込みで257円とか)は買えますが、送られてくるタイムラグもあるし、本屋で偶然出会うような楽しみは少ないですから。

なので都市部にいると掘り出し物ばかりの様な感覚になってしまいますが、これは気を付けよう→自分。たまに100円のを買うくらいならいいけど、本はどんどん増えてしまうし、どうせまたBookOffに持っていくのだから。

気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280