この冬、初めてセーターを洗う(ニット製品、ウールの男の洗い方w)

寒冷地に住んでいた事もあり、セーターは幾つか持っているのですが、とっかえひっかえ着ていてしょっちゅうは洗濯しません。

引っ越してから洗濯機を買ったこともあるし、そろそろ洗った方がいいだろ~というセーターが幾つか溜まってきたので(ウールのカーディガンを含む)、ついにアクロン(エマールより安かったのよ)を買いに行って洗濯をしました。

お湯で洗うと(温度の変化に弱い)縮む可能性があるので、水で洗わないといけません。洗濯機はドライモードがあればそれで、なければ諦めて手で押して洗った方がいいです。

基本は平干しだけど場所がないですよね。ハンガーだと肩が出たりするので、それよりは竿に上下半分ずつになるように掛けたほうがいいかもしれません。(私はそうしてます) そして乾燥機は絶対に使用してはいけません。

当たり前のことだけどさ~、学生の時に結構奮発していいセーターを買ったんですよ。そしてコインランドリーで乾燥機に入れちゃって一発で縮んで着られなくなったという悲しい想い出があるんですよ。

もうそれからセーターってものはしばらく買わずにいたんですが、やっぱり着ると暖かいんですよね。なので35歳頃からまたセーターを着始めたのでした。(今ならフリースの方が楽でいいのかも。昔買ったやつがまだ何年も着られるからさ)

ポイントは
・中性洗剤を使用
・お湯で洗わない
・洗濯機はドライモード(たたんで洗濯ネットに入れる)
・乾燥機は厳禁
・変な形に伸びないように整えて干す(陰干しする)

私は今のところ、この方法で問題ありません。セーターの種類はユニクロからイタリア製の一万円位するものまでやってみましたが大丈夫でした。大体はウール100%って書いてあります。(Made in Italyは57%)

イタリア製
ほんとにイタリア製なのか~これ?

ただ責任は取れませんので心配ならクリーニングへ。

気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280