川の概念が変わった日

松本市内、特に東部から市街地にかけては川幅が狭く流れも比較的急です。

市内を流れる女鳥羽川や薄川、田川という川がありますが、街中は2、30メートル、ちょっと広い箇所でも50~100メートルくらいの幅かなと思います。女鳥羽川は松本城の外堀として機能していました(そのために流れを曲げたらしい)。

市西部郊外の大きな川としては奈良井川、梓川がありますが、こちらは200メートルくらいの幅はあるかなあ。合流する箇所ではもっと広くなっているかもしれません。

これらの川は合流し犀川となり、いずれは信濃川へと続いていきます。

中学生の時に先生が、「アムール河を見てきたがとても幅が広く、遠くに微かに見える対岸だと思っていた場所が実は中州だった」という話をしてくれたことがあります。自分は川といえば数十メートルの幅のものしか思い浮かばなかったし、今でも憶えているということは衝撃を受けた話だったのだと思います。

女鳥羽川
これは市内中心部の女鳥羽川ですがこんな感じです。上流の信大付近はもっと広いです。奥に見える右側の山が美ヶ原。画像はhttp://www.i-turn.jp/より拝借してます

もちろん海は見たことがありますが、大きな河口はまだ見たことがなかったんですね。どちらかといえば、谷底を流れる姫川とか有名な所では木曽川とか(上流の方ね)、そういうのが私の川のイメージです。テレビでアマゾンやナイル川など見たことはあったのでしょうけどね。

学生時代に東京で暮らすようになって、多摩川の広さを見て驚きました。河川敷に球場があったりゴルフ場があったりします。更には舗装された道が川の中にあるし。(こちらでも川沿いの道路が橋を潜るアンダーパスってのはありますけども)

松本でも今はゲートボール場くらいあるかもしれないけれど(バーベキュー場はありますね)、昔は今のように整備されてなかったからなあ。荒川とか東京でも東の方はあまり縁が無かったのですが、それでも川幅が広くて水は動いているのが分からないくらいゆっくり流れるイメージです。

狭い世界で生きているので、基本的には細くて急なのが私にとっての川です。概念が変わったというか、こういうのも川なのだと新しい概念が追加されていったということでしょうね。

(*幅は私の適当な感覚なので間違っているかも。まあ大体で聞いといて)

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『川の概念が変わった日』へのコメント

  1. 名前:煙々 投稿日:2015/01/04(日) 19:47:39 ID:4d5a59a05

    関東平野の下流の方に住んでいるので、多摩川の河川敷を見たとき、それほど違和感ありませんでした。
    昔、立川や国立に住んだことあるので、多摩川の河川敷には遊びに行って、よく自転車でサイクリングしたものです。多摩川の場合、河川敷のサイクリング道路が整備されているので、よく走ったものです。

    アマゾン川とかナイル川は、たぶん川というより、海のように見えるのかもしれません。
    下流のアマゾン川の下流、計るところで違うらしいですが、300kmとも500kmともあるようです。
    ヨクワカラナイ広さです^^;

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/01/04(日) 21:46:36 ID:08f8f0d23

      >煙々さん
      河川敷のサイクリングコースとか走りやすそうで羨ましいです。本当に狭い世界で生きてきたので初めての関東平野もびっくりでした。周囲に山が無いなんてという感じでした。なので色々な世界があるんだなあと思ったということです。海外に行けばまた全く異なる知らない世界があるのでしょうけど。
      アマゾンて300kmもあるんですか。下流ではもう向こう岸は見えないのですね。波はどうなのか分かりませんが、海のようなのでしょうね。

  2. 名前:アーベル 投稿日:2015/01/04(日) 22:20:26 ID:fe49dcdf5

    こんにちは。
    多摩川、荒川はサイクリングコースが整備されていて春、秋は本当に走っていて気持ちいいです。最近は週末になると河川敷バーベキューでごった返しています(冬季はさすがにやってない)。東京はベイエリアの再開発が目白押しで、それに伴い河川敷がきれいなサイクリングコースにどんどん変わっているという感じです。東京湾岸エリアなどマンションや商業施設がボコボコ建って、その周辺の川(水路?)などがサイクリングコースに変貌してるという感じで散歩してても実に面白いです。
    福岡はどうなんでしょうか。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/01/04(日) 23:07:10 ID:08f8f0d23

      >アーベルさん
      サイクリングコースは気持ちよさそうですよね。ああいうのがあって良いなあと思います。
      東京のベイエリアはそんな風になってるんですね。こちらの市内はほんとに川幅が狭いからなあ。
      福岡は、まだよく知らないのですが、中洲あたりでも川の幅はそんなに広くないですよね。他もヤフオクドームの辺りとかはもう河口ですが、そういえばそんなには広くなかった気がします。100mちょっと位かなあ。川は三つ四つありますが河川敷に何かあるって感じじゃなかったですね~。海沿いは埋め立て地が多いと思いますが、福岡タワーのそばに(人工だと思うけど)百道浜って砂浜があり、そこが好きです。

  3. 名前:kako 投稿日:2015/01/05(月) 08:39:45 ID:b92d6db5e

    私も小学校、中学校を国立で過ごしたけど多摩川の思い出って無いのです。
    昔ブダペストに行ったとき確か、ホテルの窓から見えたドナウ河の向こう岸は
    オーストリアでした。何国にもまたがっているんですよね。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/01/05(月) 09:25:13 ID:647f23881

      >kakoさん
      日本は島国だから感覚ないけど、海外だと国境だったりするんですよね。色々ですね~。