他人の時間と遅刻

いつもPerfume記事には、興味ない方が開かないようにタイトルにPerfumeとか名前を入れるようにしています。そうするとアクセス数は100~200程度で普段の記事より少なめです。

先日、「ゆかちゃん26歳」wというタイトルでPerfumeのかしゆかのことを書いたら、400程のアクセス数になってます。

多分、興味ない人にも読ませてしまったんだろうなあ。

まあ短い記事だから、そんなに人の時間を奪うほどのことでもなかったでしょう。

待ち合わせでの遅刻がなぜダメかというと、人の時間を奪うからですよね。私達の時間は有限であるし、時給で働いている人は時間をお金に換えています。気軽に遅刻をする人は、人の時間を奪う=お金を奪う泥棒と同じ、という風に思っていた方がいいのではないでしょうか。

でもリタイアすると余裕があります。少しくらいなら遅刻されても別に頭に来ませんね。遅刻されても待つ価値があるなら待てばいいし、待つ価値がないなら待つのをやめます。それだけの話です。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280