仕事や自由時間に対する考え方は原始的だ

以前も紹介した「働かないって、ワクワクしない?」の中で、第二章の最後にあり、とても気になった言葉を引用して挙げておきます。

……自分達の社会がどこよりも進歩的だと考えている。だが実際は、昔の社会と変わりない。地球を平らだと信じる人が今もたくさん潜んでいる。「働くこと」「休むこと」となると、私達の社会の価値観やモラルは時代遅れだ。現代の私達が「地球は平らである」という古い信念を原始的だとみなすなら、未来社会の人々は、仕事や自由時間に対する今日の一般的な考え方を原始的だとみなすに違いない。

ある製品を作るために必要な時間が半分になったとしましょう。その会社の従業員は労働時間を半分にしてもいいはずです。しかし一日一定時間働かなくてはいけないと信じているためにそのままの労働時間で過剰生産し、結果として労働者の半数がレイオフされてしまう。解雇された人達は自由時間は増えたが給与がもらえなくなり、残った従業員は今まで通り忙しく自由な時間は無い。これが現代の労働事情だと思うのです。

毎日働く、朝から晩まで働く、生活費を得るために働く、こういう考えは古くなるのでしょうね。いつになるか分かりませんが、人類が滅びなければ、いつかはロボットが人間に変わってほとんど全ての生産活動を行ってくれる日が来るでしょう。

人間は生活のための労働はする必要が無く、趣味や誰かのためや創造することや、自分の時間を全て自由に使える日が来るかもしれません。その時代の人達からすれば、現代の仕事に対する考え方はとても原始的に見えるのでしょう。

かといって現代では全員が遊んで暮らせるほど文明が進歩しているわけではありません。せめて残業を減らしたり、休日を増やしたりするくらいしか出来ないかもしれませんが、例えば数年間仕事を休んだ後に復帰したり、そういうことが全く普通に出来る程度にはなって欲しいです。

少なくとも私が子どもの頃は週に一日しか休みはなかったのに、今は週休二日までに進歩して来たのですから。

企業というものは、僅かな賃金と引き替えに、私達の貴重な時間を奪い、理不尽なことを要求し、精神的身体的に負担を負わせます。逃げるなら早い方がいいのかもしれません。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『仕事や自由時間に対する考え方は原始的だ』へのコメント

  1. 名前:ガラスのセレブ 投稿日:2014/11/22(土) 22:14:18 ID:ac15a2613

    地震大丈夫ですか?

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/11/22(土) 23:28:37 ID:c885930bc

      >ガラスのセレブさん
      ご心配ありがとうございます。
      私の所は10秒程度揺れましたが、特に落下物もなく怪我もありませんので大丈夫です。

  2. 名前:アーベル 投稿日:2014/11/23(日) 02:05:32 ID:930ca8cfa

    こんにちは。
    産業は進歩すればするほど人手がいらなくなっていくんですよね。だったら働く人がいらなくなっていくのも理の当然です。ならば政府はそれに対応した政策をとるべきでしょう。ベーシックインカムとか。年金支給の65歳以後への繰り下げとか時代逆行も甚だしい。今の世の中なら定年を50歳くらいにしてあとは年金を支給しても十分にやっていけるはずです。財源なんか日銀が印刷機まわせばいくらでも出てくるのに。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/11/23(日) 08:03:03 ID:34cacf6a8

      >アーベルさん
      今はまだ無理矢理仕事を作って無駄な物を生産している状態だと思います。エネルギーにしても、過剰な生産や消費を止めればもっと使わない形に出来ると思います。
      仕事を分け合って低消費にしていけば今だって週に3日くらい働けばやっていけそうですよね。現在は仕事からあぶれれば結局は生活保護が必要になるのですから、給料は減っても短時間労働で仕事を分け合う方向にした方がみんなが幸せだと思うんですが…

      本によると、みんな毎日働かないといけないという奴隷の考え方を刷り込まれているということらしいです。