何故ブログにエロい話を書かないのか

こんばんは。田舎のマンガ喫茶は横に広いですが、都会のは縦方向に伸びていると気付いたものです。

何故表題の件を書かないかというと、ブログをやっている方なら御存じの方も多いと思うのですが、Google Adsenseの規約でアダルトコンテンツは禁止されているからです。「子供と一緒に読んでも問題ない」というのが基準の一つらしいですね。

例えば昨日風俗に行ったらすごく可愛い女の子が出て来て何たらかんたらということを書きたい場合もあるかと思うのですが(私は無いけどね)、アダルトな内容がどの辺りまで許容されるか分からず、一応書かないようにはしています。

あと、以前忘れてやってしまった事があったのですが、アルコールの販売とみなされる様な内容もダメなんですよ。お酒の話自体はいいと思うのですが、お酒の商品にリンクを貼るなどですね。以前うっかりビールを紹介するリンクを貼って、あとでそういえばダメだったじゃんと気付いて削除しました。

まあAdsenseをやっていても大した収入になるわけでもないのですが、全くないよりは良いでしょう。それにアダルトな内容を書きたかったら、別のブログなどでAdsenseは外してやればいいのです。他にも広告を貼りたいならAdMaxなどありますからね。

なのでエロい話を思いついてしまってもブログには書かない様にしているのですが、実際問題としてどのくらいの内容だと規約の許容範囲を超えるのでしょうね。写真はもちろんアウトでしょうけど、文学的?な官能小説もダメなのかなあ。子供と一緒には読めないからもちろんダメなのでしょうね。

もしかしたらこの記事もダメかもしれません。秘かに削除されていたら、そう察して下さい。

まとめると、こんな個人の小さなブログでさえ、営利のために広告を貼ってしまうと自由に好きな事が書けなくなる場合があるという事です。ましてやテレビや雑誌などは言わずもがなですよね。

私は禁止されているアダルトや暴力などの記事は別に書きたくないので問題ないのですが、自由に好きな事を書くためにブログを始めるなら、広告は諦めた方がいい場合があるという事ですね。(別にAdsenseじゃなきゃいいのか)

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『何故ブログにエロい話を書かないのか』へのコメント

  1. 名前:prire 投稿日:2014/09/21(日) 07:20:49 ID:379eec493

    ユーモアのあるエロ話は嫌いじゃないですけど、ブログに書くと語感が伝わりませんからね。
    品のないエロ親父と思われる方もいらっしゃるでしょうから、避けるようにはしていますw

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/09/21(日) 07:42:04 ID:00721fb21

      >prireさん
      びっくりした~。ちょうど今prireさんのスーツの話を読ませてもらったところでした。
      私はもう品がないと(貧はあるけど)思われているでしょうからその辺りは構わないのですが、そういえば実際にエロいことも起こりませんので書きようが無かったです。

  2. 名前:アーベル 投稿日:2014/09/21(日) 11:36:58 ID:66d6b29af

    こんにちは。
    Googleで「エロ」という単語を入れても、関連語にエロ画像とかエロ動画とかでてこないんですよね。さりげなく規制かけてるんでしょうか。まあ検索すれば一発なんですけど。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/09/21(日) 11:52:57 ID:00721fb21

      >アーベルさん
      ちらっとネットで見た話によると規制をかけてるみたいな感じがします。
      Adsenseの規約を詳しく読んでみると、他にも暴力、ギャンブル、差別(人種や民族、宗教、性別などありとあらゆる差別)、ハッキングやクラッキング関連、違法薬物、タバコ販売、武器兵器の販売、講義や論文の販売や配布、その他違法な事などは規約違反の様です。もちろん他者の法的権利を侵害してはいけませんし、普段は書かないでしょうけど、ついうっかりという事もあるとおもいます。
      わたしのブログは「かしゆか エロ」で辿り着く人も多いのですが…