常温の飲料がコンビニで

新聞にコンビニで常温の飲料が人気という記事がありました。ありがたいです。冷たいのが身体に負担という理由の他に、バッグなどに入れて持ち歩く際、水滴で濡れないからというのがありました。冷たいと結露して濡れてしまいますからね。今まではタオルで巻いたり、他に何も入っていないポケットに入れて防衛していたので助かります。

得てして冷房というものは冷房が苦手な人にとっては効き過ぎているものです。喫茶店でもそうで夏でもホットコーヒーを頼みます。入った時点ではまだ暑いですが時間が経つと寒くなってしまうので、冷たいものなど飲んだ日には寒くて震えが来るのです。一緒にいる人からはホット?と怪訝な顔をされる場合もありますね。

もちろん私だって炎天下や冷房の効いていない場所では冷たい飲み物を飲みます。黒い炭酸飲料は冷たいのが美味しいです。ただ冷たいものはあまり一気に飲むとお腹をこわすのでやっかいです。少しずつ口の中で暖めながら飲みます。(^_^;)

黒い炭酸飲料
黒い炭酸飲料って… © あ~ちゃん

店側としてはあれこれ用意するのは大変だと思います。買う側としては選択ができるというのはありがたいですね。こういう「夏は冷たいもの」という常識を疑ってみる、違う立場から見てみる、少数派の意見を聞いてみるという所にビジネスチャンスが生まれるのでしょうね。例え何か気付いても自分では何もしないんですけどね。

でもよくよく考えてみたら、スーパーやホームセンターでは以前から冷やしたものとは別に普通に常温で売ってます。そして私もコンビニでペットボトルを買うなんて旅行の時くらいでした。それ程大したことではなかったようです。そしてペットボトルなんて買わないよ、という方もリタイアして節約生活されている方には多そうですね。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『常温の飲料がコンビニで』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2014/05/08(木) 09:33:17 ID:1a729ed46

    こににちは。
    自分は冷たい派です。夏は勿論冬も飲料は基本冷たいものを飲みます。炭酸飲料はもとよりコーヒーやカフェラテ、お茶も冷たいものしか飲みません(沸かすとガス代や電気代がかかるし、冷蔵庫なら年中稼働させてるから電気代は同じですよね)。冬に外食屋に入ってもお茶ではなく必ず冷水を頼みます。お湯を沸かすのはカップ麺を食べる時くらいかな。

    自分は水をペットボトルで買うなんて贅沢なことはしませんが、東京の水道水は常温ではさすがにまずいので、空きペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やして飲んでます。こうすると多少おいしくなります。

    顧みて熱い飲料を飲むことなんて心当たりがないなあ。お腹の方もそれで下すなんてことはないし。味噌汁はさすがに温めますし、うどん、そばは夏でも熱いのを頼みますけど。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/08(木) 11:51:26 ID:98f1f4a6f

      >アーベルさん
      女の人はまだしも男性は冷たい派が殆どなので肩身が狭いです。自分は少数派ですよ。
      でもそういえば暖めるコストという観点から考えた事はなかったです。冬は暖かい飲み物が当たり前で無条件に暖めてました。(今は電気じゃないポットですけどね)
      私も夏は基本的に冷たいもので冷蔵庫の麦茶とかです。(外出して冷房の効いた室内だとホット飲料が飲みたいです。)ただ麦茶も冷えすぎていてすぐ飲めず、レンジでチンしてぬるくする事は多々あります。電気代が勿体ないですね。

      うどんやそばは私も熱いものが好きですが、たまにざるを食べたくなって冷たいそばを食べますよ。