セミリタイアブログ界での一発屋

私のこのブログは、ブログ村というサイトに登録し、セミリタイアのカテゴリーをメインに参加しています。最近そのブログ村のセミリタイアのカテゴリーで何故だか急に順位が上がって一時的にプチブレイクしているような状態になっています。(という程でもないか)

皆さんが応援クリックをして下さるおかげなのですが、多分これは一時的に記事を連発したからで、そのうち落ち着いた順位になってくるのだろうと推測しています。数ヶ月前も一瞬だけ順位が上がったことがありましたし、いわゆる一発屋的な感じですね。

この記事も、一瞬順位は上がって嬉しいのだけれど、しばらくすれば下がるのだろうな~と思うので、まるで一発屋じゃんと思いついて、その思いついた勢いだけで書き始めたものです。

カロリー関係ねぇ!  小島よしおのダイエット検定
一発屋といえばこの人。いやそうでもないか結構出続けてますね。でもそんなの関係ねえ。

冷静に分析すると、私の様な内容のブログは過去の記事はあまり読まれないと思うんです。新しくブログを知った人が古い記事を読んでくれる事はあるでしょう。しかし情報として意味のある様な普遍的な内容ではないので、検索エンジンからの流入という観点では記事を蓄積していくというメリットはないのですね。最新の記事が週刊誌の様に消費されて終わりなのです。

どちらかというと本の感想を書いている姉妹サイトの方が普遍性はあります。例えば以前「私の男」という小説を読んで記事を書いたのですが、映画化が決まったので検索して来てくれる人が一定数いるのですね。この例は映画が終われば検索流入も終わるので一過性のアクセスなのですが、こういう流入が期待できる記事を蓄積していくことによってアクセスも徐々に増えていくのです。ただ姉妹サイトの場合は本を読まないと記事が書けないので、記事数がなかなか増えないという欠点があります。

もしブログを新たに始めようと思っている方が検索によるアクセス数を期待するなら、その辺りに気を付けた方がいいと思います。自分が興味があり書き続けられるもので一過性でない事をテーマにすればいいのです。まあ私などが言わなくても、あちこちに書いてあるでしょうし、ちょっと考えれば分かる事ですね。ただ実際にそのテーマを見つけるのは難しいです。(自分が思いつく一番いい普遍的なテーマはエロです。誰もが興味を持つし。ただ貼れる広告は限られます。)

でもほんと、応援クリックをしてもらえるのはブログを書く上でとても励みになります。それに一発屋でもいいので宝くじか何かでドカーンと当たらんかなあと思いますね。そんな事祈っている様ではいけないんですけどね。もう人頼み、神頼みの域に達してしまっています。自分でなんとかする気概を持てと言われても、そんな元気は年齢的にもうないですな~。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『セミリタイアブログ界での一発屋』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2014/05/07(水) 06:21:33 ID:b33a9687d

    応援クリックについて質問です。
    4種類ありますが
    1.すべてクリックした方が多くポイントが付く。
    2.一つクリックした時点で他を押しても無効。
    どちらでしょう?

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/07(水) 08:08:14 ID:c5771b268

      >匿名さん
      左から2番目の見た目が明らかに違うものは「ブログ村」でなく「ブログランキング」というサイトのものでこれはこれで別途有効です。
      その他青い文字のものはブログ村の各カテゴリで、どれか一つが一日一度だけ有効だと思います。なので応援していただけるとしたら自分が見たいカテゴリのボタンを押して、そのカテゴリに飛んでいただければいいと思います。
      並べ方が適当でいけませんが、基本的にブログ村の3つはどれを押しても入るポイントとしては同じで、それを自分で各カテゴリに好きな割合で配分できるのです。(と自分では理解しているのですが勘違いなら誰か教えて)ですので応援していただけるとしたらどれを押していただいても構わないです。
      もし迷うのであれば「セミリタイア生活」がメインなのでそれを選んでいただくとありがたいです。

      なので回答としては2です。