人生で記憶に残ること

今まで生きてきて特に記憶に残っている事って何だろう。

やはり覚えているのは、海外へ旅行したことや人との強い関わり、自分が必死になってやったこと、そんなことが主じゃないかなあと思います。人生の節目節目で式があるけど、入学式や卒業式なんて正直な話し全く記憶にありません。でも結婚式(のようなもの)はしっかり記憶に残っています。

初めての事は何でも記憶に残りますし、とても憤慨したことも幾つか覚えていますね。やはり非日常の事が記憶に残りやすいのだと思います。

良くも悪くもこういう記憶がたくさんある方が有意義な人生だと感じるのか、それは分からないけれど何もない人生よりはいいかもしれない。まあ歳をとってもう長くないと分かった時にしみじみと思うことですかね。

自分は人との関わりが得意でないというか面倒なので、今は全く人と付き合いがありません。連絡すれば飲みに行ってくれる友人は地元にも東京にも少しはいますが、もう面倒なのでやめています。なのでここ数年の人と関わったという記憶がほんとに無いですね。

でもそれでは少し寂しく感じる事もあるし、人との関わりも含めて、記憶に残るような印象の強い出来事が起きる人生にしていきたいなあ。大変な目にあったとか恐ろしいとか危ないとか、そっち系は勘弁だけれども。

↓気に入ったら応援していただけると嬉しいです (^^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『人生で記憶に残ること』へのコメント

  1. 名前:アーベル 投稿日:2014/05/04(日) 10:37:49 ID:965dd33c7

    こんにちは。
    ブログの趣旨からはややそれますが、以前読んだ話に第二次世界大戦に従軍したある元日本人兵士の証言で印象深い話がありました。「最前線で戦うわけですから瀕死の重傷者が沢山出ます。ところがこの重傷者を見ているとはっきり二種類に分かれるんです。昔の話ばかりする者と未来の話(生き延びたらこういうことをしたい。戦争が終わったら自分はこれをやりたいとか)をする者です。そして昔の話ばかりする連中は大概死にます。未来の話をする連中は不思議なことにことごとく生き延びるんです。」

    でもよくよくこの話を咀嚼してみると、前者は自分の人生に満足した人、後者はまだまだ満足していない人ということなんでしょうか。良い思い出ばかりというのも考え物なのかな。まあ未来を考える方が今が楽しくなるのは確かですけど。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2014/05/04(日) 10:57:48 ID:c0b0c8b4a

      >アーベルさん
      うーん深い話ですね。
      希望を持っていると強いってことかな。でもどちらが良いとかいえないですよね。振り返る事だって過去を大切にしているという事だし、未来を見るのもいいことだと思うし。前線にいるなんて究極のストレスだから私なら精神がおかしくなってしまうかもしれないです。メンタル弱いので…
      またこういう話を聞かせて下さい。