仕事を辞め、発想が以前より自由になった

親がいて仕事があったから住んでいましたが、今となっては地元にいる必要はありません。働いている人だって仕事というか収入面さえなんとかなれば、好きな場所に住むことができます。

実は飯も一日三食食べなくていいんです。規則正しい方が健康にはいいのだと思いますが、朝はのんびり起きてブランチに、夜は早めに食べて寝るようにすれば、10時と18時頃になるかな。そんな風でもいいですね。(そんなに寝てられないので、私は三食にしてますけどね)

今まで常識だと思っていたことに囚われる必要はなく、自分用に作り替えていけばいいのだと思います。

自由というか柔軟に対応出来るようになったのかもしれません。
 

例えば無職で何か疑われて留置場に入れられたとします。その時は、何日かただ飯食えたなと思えばいいんじゃないかな? いやむしろ貴重な経験が出来たと思えばいいですよね~。

無実なのだから心の中では何ら恥じることはないけど、さすがにそれは無理でしょうかね。開放される保証がなければ難しそう。でも二、三日までならさほど苦ではないかもしれません。(留置されたことがないので分かりませんけど)

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『仕事を辞め、発想が以前より自由になった』へのコメント

  1. 名前:パルタ7 投稿日:2015/12/07(月) 19:09:37 ID:79505308a

    こんばんは。
    何かの記事で、無職の人は警察の職質を受けやすく、逮捕されることも多いと書いてありました。やっぱり留置場には入りたくないし、逮捕歴なんて人生の傷ですから避けたいですね。困った世の中になったものです。無職状態の自由は、一方で危険と裏腹であることを認識させられます。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/12/07(月) 20:19:47 ID:e85348305

      >パルタ7さん
      基本的に平日の昼にアリバイが無いっちゅうことですから、疑われる可能性は高まりますね。
      そういうことを考えると、どこかに所属して何らかの交流があった方がいいのでしょうね~。
      一泊くらいなら話のタネになるかもしれませんが…