何事も達成するまでが楽しいけれど、リタイア後は…

私はそもそもPCいじりが好きです。パソコンが欲しい時はスペックとか検討し、予算との兼ね合いでどれにしようか悩んでいる時が楽しいです。

実際に手に入れて使い始めてしまうとわくわく感はそれであらかた終了です。PCなんて性能の差はあっても使い勝手は大差ないですから。
 

車を買う時だって何にしようか考えている時は楽しいでしょ。家だって設計している時が楽しいのよ。間取りはどうとか、壁紙はどうするとか。でも出来上がってしばらくすると、今度はローン重さにゴーン?です。

なのでもしかしたら夢とかもそれに向かっている時が一番楽しくて、叶った時は嬉しいけど、その後は、あれ?叶ったはずなのに実際こうなってみるとそうでもなかった…とか思うのかも。なので普通の人から見れば結構すごい人でも、更なる楽しみのためにまだまだ上を目指すんじゃないでしょうか。
 

早期リタイアも、コツコツと資金が増えていくとか、段々と目的に近づいていく状態が楽しいのかもしれません。では達成してしまったら、その後には特に何も無いのでしょうか。

そんなことはないです。早期リタイアは達成してからが本当に楽しい時間です。楽しいというか、幸せな穏やかな時間です。それは伝えたい。
 

何かを目標として生きるとか、夢を追って走るとかそういう楽しさとは違うのでしょう。むしろそういう生き方から降りるということなので、人としてはいいことなのか分かりません。一般には死ぬまで頑張るのが偉いのだから、なかなか良しとされませんし。

でも突っ走って疲れた時の休憩で一休みしたらまた動き出す人もいるかもしれないし、このまま老人のように隠居生活に入る人もいるかもしれませんが、まあどっちでもいいですね。
 

思うに、時間がたっぷりあることを楽しめるかは資金力の有無にはほとんど関係ないです。貧乏リタイアでも早期リタイアを目指す何年かの間に、(この部分は人それぞれですが本を借りて読むとか散歩して木々を眺めるとか)そういうちょっとしたことを楽しめるマインドが育っていると思うので。

早期リタイアまでの期間というのは、実際に資金を貯めるよりも、リタイア後の心構えを自分の中で創っていくのに必要な期間なのかもしれません。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『何事も達成するまでが楽しいけれど、リタイア後は…』へのコメント

  1. 名前:迷える50代 投稿日:2015/11/14(土) 01:15:28 ID:e32642737

    リタイアに踏み切った時の心境とは、大分変化されたように感じました。リタイアに至る経緯はストレス回避だったのかと思うのですが、それを実現して、今は良かった感が伝わってきます。

    私はリタイアに向けての四方山が苦しいです。正直面倒です。休日明けの出勤時に疲れたと思ってしまうので、常に楽しくなく、やめるとなるとあれやこれやとしなければいけないことが負担となっています。

    じゅんぺーさんの言われる「早期リタイアしてからが本当に楽しい時間、幸せな穏やかな時間」が早く欲しい。そのために、自営の理があるので、現状週休2日から3日に増やしていこうと考えています。

    収入が減る事への恐怖が有りますが、それもリタイアしたら、何で悩んでいたんだろうと笑えるような気がします。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/11/14(土) 08:36:05 ID:b936b6ed2

      >迷える50代さん
      そうですね~、吹っ切れたといえば聞こえはいいけど、諦めとか開き直りとか言えるかもしれないです。若い人にはお勧めできないし頑張る時期もあると思うのですけど、ある程度世の中でやって来て、自分でこれでもういいやと納得できればいいのかなと。収入も、だましだましバイトで働くとか、そういうのでもいいやと思いますし、何でもありになってきたんだと思います。こうなるともう老人なんだと思うので、良いことでもないのかな。
      色々と面倒なことも多いと思いますが、辞めるのだってエネルギーが必要ですもんね。少しずつということで。