何かの匂いが鼻につく

もう二十年も前からか、春と秋になると十日間くらい何かの匂いがずっとしている状態だ。

過去に煙草を吸っていたから例えるが、ピースという煙草の匂いに近いというかほぼそれ。

今回も一週間ほど前から匂いが鼻につくようになった。

何となく手の甲を嗅ぐと匂いが強くなるような気がする。

実は匂いだけではなく、同じような感じの味もする。食べた後にその味を強く感じる気がするし、何も口に入れていないと遠くで味がする。

理由は分からないし人に聞いたこともない。

自分の想像では、夏から秋へ、冬から春へ季節が切り替わる時、体のモードが切り替わる時にそうなるような気がする。

両切りピースの匂いを薄めた感じだから結構良い匂いで臭くて嫌だという状態ではないのだけれど。

そんなことってあるのでしょうか。

「季節の変わり目 匂い」でぐぐったらわきがの匂いがキツくなると書いている人がいた。友人にも嫁にも親にも会社でも誰にも言われたことないけど、それなのか。匂いの種類が全く違うと思うが。

昔からだから加齢臭というわけでもなさそうだし。春なら花粉の匂いとかあるだろうが、秋でもあるか。それか。

ピースの匂いなんだけど。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280