この生活は学生時代を思い出す

自分は一応そこそこ良い大学へ入ったのだけれど、授業へはあまり行かずぶらぶらしていました。理系だったので留年してしまい結局は中退したのですが、今の働かない日々はその頃を思い出させます。

ドラクエに夢中になり試験に行かなかった事は後悔していますが、もし大学を卒業して大企業に就職したとしても(あの頃バブルだったので)今頃リストラされたり精神を病んだりして、結局現在の状態はあまり変わらないのではないかなという気もします。(大学を辞める夢は今でもたまに見ます。多分何か心に引っかかりがあるのでしょう。それにどちらかといえば貧乏な家なのに高額な学費を出してくれた親に申し訳ないと、それが大きいでしょうね)

学生時代は目が覚めると笑っていいともの時間です。コンビニまでおにぎりを買いに行って食べ、後はファミコンをしたり、テレビを見たり、本を読んだりしていました。プログラムにも興味がありMSXでBASICのソースを打ち込んだりもしていましたよ。そして深夜になると眠るという怠惰な生活でした。

エロいビデオを見るためにバイトしてビデオデッキを買ったり(まだVHSとベータと迷った時代)、週末は友人と呑みに行ったりしていましたね。でもバイトは家庭教師を経験してしまったら時給が良いので他のバイトをする気がなくなってしまいました。お金が無いので東京にいても観光っぽい場所には行かなかったな。

会社を辞めたのは、そんな時代に戻りたかったのかもしれません。気楽に過ごしていた日々に。今後の事を考えるとそれ程お気楽にも構えてられませんが、まあ辞めてしまったものは仕方がない。楽天的な思考になって焦らずのんびり考えていく事にします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280