Kindle、iPadでの読書

AmazonのKindle Paperwhiteを使っています。予約して購入しそれから一年近く経ちました。最近Kindle Paperwhiteがニューモデルになったのでちょっと書いてみます。

旧モデルでの使用感ですが、e-inkを利用しているため目に優しく疲れにくい。実際Kindleで読んでみると文字のサイズが大きくできるので老眼が始まった人にも優しく(ここ重要ですね)、紙の書籍より読みやすい程でとても良いです。iPad等タブレットのKindleアプリでも十分ですが長時間読むならKindle Paperwhiteの方に分がありますね。バッテリーも長持ちするし。ただiPadに比べて反応が遅いです。プロセッサがイマイチなのでしょう。自分は漫画はiPadで読むように使い分けています。

まあKindle PaperwhiteにしてもiPadのKindleアプリにしても電子書籍で残念なのは紙の書籍の様にパラパラと前に戻る動作が難しい点です。目次項目にはジャンプ可能だったりするんですがやはり実際の本には及びません。ソフトウェアの設計をしていたものとして、何か良いインターフェイスはないものか考えてしまいます。

またKindleの場合、無料の本があるのでこれを読むだけでも元は取れそうです。漫画も期間限定で無料とか100円とかあります。ただし漫画は続きが読みたくなりますけどね。無料と言えば青空文庫も素晴らしいですが、Kindleでは写真集の様なものも無料になっていたりしますよ。


Kindleだとリアルの書籍より多少は安価で本が買えます。自分は節約のため以前のようにがんがんと買わないようにするつもりなので無料や少しでも安価で購入可能なものはありがたいです。とはいえ無料なのは例えば源氏物語とか古事記とか、または著作権の切れた夏目漱石や太宰治とかの文学が殆どなので、これを読むかと言えば微妙ですが、無職になった今こそ時間もあることだしこういう古典に挑戦したいですね。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『Kindle、iPadでの読書』へのコメント

  1. 名前:観楓 投稿日:2013/11/01(金) 22:16:17 ID:589fc6ab0

    うちもKindle Paperwhiteの新型を最近手に入れてファンになりました。
    新型ではナビゲーションツールバーというのが出せて、ドラッグでページを前後に移動できます。
    青空文庫は吉川英治の作品が今年になってから登場していますので、時間ができたら宮本武蔵や三国志を読みたいと思っています。
    そういえば、宮本武蔵は最近始まったKindle連載にも入っていますね。

  2. 名前:じゅんぺー 投稿日:2013/11/02(土) 09:33:52 ID:589fc6ab0

    > 観楓さん
    新型、良いですね!
    「ナビゲーションツールバー」これ多分iPadのKindleアプリで出来る奴かもしれません。ファームのアップデートとかできないのかな。
    そういえばKindle連載というのも始まって楽しみです。
    Amazonがなくなったり、サービスを停止しない事を祈ります。