靴下の穴のあく場所は決まっている

自分の場合、靴下はいつも同じ場所に穴があきます。

それは左足の親指の所で、爪が擦れて生地が薄くなってくるのでしょう。ちなみに右は大丈夫で、左足の方に穴があいて来ます。

なので意識して爪を切っていますが、どうもそこに穴があいてしまいます。他の部分が薄くなったりせず全然大丈夫なのに一箇所だけそうなるので勿体ないですね。

生地が薄くなってきたら、なるべくそちらを右足に履くようにするのだけど、忘れて左に履いてしまったりするのでだめですね。

今日、短パンを履いた時用のくるぶしまでしかない靴下を買いました。暑い地方に住むのでもそれなりの装備は必要だった…

長野にいると買おうか迷っている間に涼しくなってくるから、夏用の装備が少ないんだよ。

ただ冷房の効いた場所だと寒くなってくるので、散歩の時くらいしか使わないかも。

スポンサーリンク
レクトアングル大336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

こちらの記事もおすすめです(一部広告を含む)


amazonで『働かない』を検索した結果
amazonで『セミリタイア』を検索した結果
スポンサーリンク
レクトアングル大336×280

『靴下の穴のあく場所は決まっている』へのコメント

  1. 名前:招き猫の右手 投稿日:2015/07/13(月) 23:22:57 ID:16078571c

    僕は革靴の場合、かかとですね、へんなコブというかタコみたいなのがあってそこがよくこすれて薄くなります。

    • 名前:じゅんぺー 投稿日:2015/07/13(月) 23:40:31 ID:798c560bf

      >招き猫の右手さん
      人によって歩き方の癖とかが違うからってことですかね。靴にもよるのかな。